掃除している人達

洗剤の形状

部屋干しの洗剤は液体洗剤のものと粉末洗剤のものがあります。どちらも臭いを抑える効果があるので、洗濯機のタイプや自分の好みによってそれぞれ使い分けて行くことが大切です。

この記事の続きを読む

部屋干し洗剤の特徴

部屋干し用洗剤は、ジュライの洗剤より除菌力をあげています。また、臭いを防ぐために香りをプラスされていることが特徴です。また、洗剤だけでなく柔軟剤にも部屋干し用のものがあります。

この記事の続きを読む

早めに洗濯を干す

部屋干し用洗剤を利用しても、洗濯物をいつまでも湿気のある所に置いておけば時間と共に臭いが発生します。洗濯物をほす場合は、洗濯機に長い間置くのではなく早めに干すことで臭いを解消出来ます。

この記事の続きを読む

隙間を空けて干す

部屋干し用洗剤を利用して選択した場合、効果をより高めるために、洗濯物同士に隙間を大きく空けて行くことが大切です。なるべく湿気を逃がすような状況を作り、臭いのもとになるようなものを防げきます。

この記事の続きを読む

洗濯物を部屋干しする

梅雨の時期や、雨があるととても困るのが洗濯物です。
洗濯物を室内で干すと、独特の臭いが発生します。
また、梅雨や雨以外の場合も、女性の一人暮らし等なかなか外に衣類を干すことができないということもあります。
そのような時に部屋干しを行う人は多く、部屋干しの臭いをあらゆる方法を利用して消臭を行っています。
多くの人が利用しているのが、消臭剤です。
専用の消臭剤を使用することや、消毒用のアルコールスプレーを衣類に噴きかけることで臭いを抑えることができます。
また、除湿機を使って洗濯物の臭いを抑える人もいます。
湿度が原因で、部屋干しの臭いが発生するので、除湿機で臭いを抑えることができます。

部屋干しを行う際のポイントは、洗ったらすぐに干すということです。
洗い終わった洗濯物を放置することにより、どんどん雑菌が増えていきます。
また、臭いを抑えたいという思いで洗剤や柔軟剤を規定の量より入れすぎてしまうと、逆に臭いを発生させることがあります。
なお、洗濯を行う場合、容量の7割から8割り程度で行うと、いいでしょう。
洗濯物は詰め込み過ぎると、中で詰まってしまい、汚れが落ちにくくなるということがあります。
また、すすぎにお風呂の残り湯を使うこともありますが、部屋干しの際のすすぎに残り湯を使用した場合、菌や汚れが洗った洗濯物に付くことがあります。
臭いが発生しやすくなるので、あまりすすぎに残り湯を使うことはよくありません。
どうしても使用する場合には、大さじ2杯程度のお酢を入れることで臭いを防ぐこともできます。
また、最初から部屋干し用の洗剤を使用することで、部屋干しの臭いを抑えることができます。
洗剤を変更するだけなので、とても楽に臭いを抑えることが可能です。